工作

2017.05.05

なんちゃって2眼チェキ

作ってからすでに半年近く経っているうえに、まとめを作ってからもだいぶ過ぎてますが、、、。

遅ればせながらこちらでもお知らせ。
↑togetterへのリンクです

Dscn0632_svga

よろしくどうぞ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.27

でんぐりワイルド再び(今度は成功!)

ほぼ1年半前に書いたエントリ、「でんぐりワイルド」の続編です。
前回は「1970年代の玩具、トミーのアクロバットシリーズをワイルドミニ四駆で再現しようとしたけどダメだった!」という物でしたが、今回はタミヤパーツを使って完全再現に成功しました!

モノはこちら。バラックというか原理模型というか、、、。

Dscn0544_svga

使ったパーツは「シャフトドライブユニット」「スリムタイヤセット×2」「シングルギヤボックス (4速タイプ)」に2本縦並びの単3電池ボックス、それと木材少々でした。

Dscn0542_svga

よく分からないかもしれませんが、この写真で左側が前です(笑)
プロペラシャフトを真ん中のギヤボックスで駆動し、前後のギヤを介して4輪駆動します。

車体の中央に上端を斜めに切られた板があるのと、電池ボックスが片側に寄せられ、極めて低い位置にあるのがミソです。それと、スリムタイヤセットの中心にある出っ張った軸受けがとても良い仕事をしました。

基本動作はこんな感じ。

Dscn0545_svga

壁に当たると四駆のパワーで立ち上がり、、、。

Dscn0546_svga

ひっくり返ると斜めの板によって傾き、電池の重さもあって横転します。

Dscn0547_svga


さらに軸受けの出っ張りがあるので横倒しで止まらず、勢いで元の姿勢に戻ることができます。そしてそのままこちらに戻ってくるのです。

壁さえあればこの動きを永遠に繰り返すことができるんですね~。前回は戻りは1回限りだったので、ようやくオリジナルの動きを再現できました\(^o^)/

ちょっと見単純な玩具なのですが、いろいろなアイデアが詰まっていて驚かされましたわ。検索してもほとんど資料はないし、遠い記憶とオリジナルの動きを紹介した動画が唯一の資料だったのでなおさらでした。

私の撮った動画も張っておきますね。


最後に製作中の写真を。

Dscn0539_svga
まだ板は無く、左右に立てた支柱でうまく横転するかテストしている時のもの。板の形はこれで決めました。ちなみにオリジナルは曲げた金属棒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.25

はずみ車動力ユニットで水上を<その2>

そんなわけで今回の船は進水即引退です。「ゴム動力用」などのもっと大きなスクリューと軽い船体に変更して再挑戦ですね。夏の間に完成するのかしらん(^^;

なんて先週言ってましたが、、、はい、思いついちゃったので続きです。

Dscn0359_svga

船体にネジ止めしていた「はずみ車動力ユニット」を取り外し、プラ板工作でスクリューと一体化してみました。船体への組み込みにあたって、ユニットからスクリューに動力を伝える部分の調整が一番厄介な所なんで。
今回は実験用として割り切ってます。

スクリューは「ゴム動力用」として売っていた大型のプラスチック製を在庫から(教材用?)。以前は金属製のものが主流だったんですが、最近はこれが定番のようですね。

シャフトまでプラだったので切り落とし、代わりに2ミリの穴を開けてステンレスシャフトを打ち込んであります。スタンチューブは3ミリプラパイプで、2ミリプラ板に接着して固定。ペラの反対側には8Tのピニオンギヤを取り付けました。

Dscn0357_svga

今まで使っていたパイプスクリューLと比べると径が倍くらいになってますね。

はずみ車からスクリューへの連結方法は変わらず動力軸のクラウンギヤ→スクリューのピニオンギヤですが、ここら辺はすべてユニットとして一体化して固定されています。
(各部がネジ止めである程度分解できるのもミソ)

出来たところで早速水の中で回してみると、ナンダカ良い感じに水が流れるじゃありませんか。そこでおジャンク状態だった双胴船の船体をまたまた再利用し、お手軽実験艇が完成です(^^;

Dscn0360_svga

若干重心が高いような気もしますが、ちゃんと浮きますし安定してます。そして何よりペラが低回転でもしっかり進むのが良いですね~。

やはりこの工作には大型ペラが合うようです。だんだん分かってきました。昔のフリクションの船もペラがでかかったですもんね。

Dscn0368_svga

あ、そうそう、「はずみ車動力ユニット」の出力軸は軸受けの間隔が短くてガタが多いので、今回は離れたところに軸受けを追加しています。
スクリューの安定した回転にはコレ、けっこう効きます。

では、今度はもっと船らしい工作で(^^;

Dscn0361_svga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.18

はずみ車動力ユニットで水上を

タミヤの工作シリーズ「はずみ車動力ユニット」。

2016_0109

昨年出た「はずみ車動力車工作セット」の動力部分単体売りです。

1月に発売されてすぐ買いました。 前回6WDを作ってみたので、この時はサクッと4WDをワイルドミニ四駆ふうに作成。
 
手回しハンドルでチャージするのでスピードも航続距離も6WDよりUP。

Dscn0210_svga

Dscn0207_svga

ただイベントでジオラマコースを完走できなかったので、もうちょっと何とかしたいな~と思いつつ放置されておりました。

Img_2712_vga
★☆動く模型愛好会のイベントでのジオラマコース

その後(静岡ホビーショーに行ったついでに寄ったタミヤ本社で)もう一個購入し、「今度は船に乗せてみるかな」と試してみたのが今回のお題。

ふ~、前置きが長いよ(^^;

船体は手持ちの中から大昔に買ったアオシマのボートプラモを再利用。R/C化されて「栄光丸」として本家HPこのブログにも時々出ていたアレです。最近はメカをとられてドンガラになっていたので引っ張り出してきました(最後のご奉公?)。

Dscn0337_svga

Dscn0340_svga

Dscn0339_svga

仕様としては、「はずみ車動力ユニット」の出力軸に取り付けた36Tクラウンギヤと、スクリュー軸の8Tピニオンギヤを組み合わせてペラを回しています(手持ちで一番大きかった「パイプスクリューL」を使用)。ユニット自体もチャージ用のホイールを取り外して抵抗を減らしました。

問題はギヤで4.5倍速しても回転数があまり上がらないこと。トルクはけっこうあるんですけどね。

ユニットを搭載できたところで早速お風呂テスト。「ま、スクリューも大きいしそこそこ走るだろう」の予想に反して遅~い。やはり回転数の低さが影響している模様。ただこれ以上大きいと船底に当たるしなー、、、。

下の動画はAMMのミーティング時にプールで試した時のもの。ハンドルを思い切りぶん回して「ナントカ」といった走り。すぐに回転がマイルドな範囲に落ちてしまうのも問題。
キャラクター頼みでジバニャン船長に乗ってもらいましたが、重くなった分余計にスピードダウン。ダメだこりゃ(^^;

そんなわけで今回の船は進水即引退です。「ゴム動力用」などのもっと大きなプロペラと軽い船体に変更して再挑戦ですね。夏の間に完成するのかしらん(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.11

塩ビ艦3号改

大掃除をしていた春先に、長いこと動かしていなかった「潜水Q_Square」を解体しました。

モーターやR/C機器は生きているのでそのうち何か思いつくだろうと保管していたのですが、先日ナニカが降ってきまして、同じく最近出番のなかった塩ビ艦3号の大改造に着手です。

Dscn9841_svga

まずは潜水Qで使っていた防水モーターにスプリンガータグ用の大型ペラを装着。パンチングメタルでモーターベースを作って、、、。

塩ビ艦3号のスライド式バラスト(これ「オテーガル2」の時に作ったもんだから、長持ちしてるね(^^;)にネジ止め。

Dscn9859_svga

使い道が無くて眠っていたアルミフレームを組み合わせて枠を作り、これも移動バラストにネジ止め。縦にしたモーターが地面に接触しないように。

R/C機器は2.4GHzの受信機を外して27MHzの4chに交換。ESCを追加して(これも潜水Qで使っていたもの)蓋からモーターケーブルを出し、外で新しいモーターと繋ぎました。

 

Dscn9858_svga

というわけで垂直スラスタ装備のなんちゃってROV2のできあがり。 まだ水に入れていないので調整はこれからですが、垂直スラスタ脚はユニットとして他の物に流用できるかも~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.10

なんちゃってROVモーター換装

塩ビ艦4号の垂直スラスタが進水後4か月で壊れたので、新しく作って交換しました。

Dscn9839_svga

と言っても防水モーター部分はかなり前に試験的に作っていたボトル利用のものです。
中身はいつものRC-280RA。シール材を充てんして封入。

壊れたモーターは軸が固着し、応急処置で回るようになったものの、ある所で止まると動かなくなる(手で位置をずらしてやれば回る)といった症状でした。

覆っていたプラ板を切り裂くと、かなり奥まで錆が進行していました。どこからか水が浸入して、抜けずにいたんですな。中途半端な防水はかえって壊れやすいという見本みたいなもんです。写真は、、、あとの祭り(^^; 土台部分だけ再利用しています。

灯油ポンプ流用の左右スラスタは未だ元気です。

今度のモーターはどれくらいもつでしょうか、、、。

Dscn9838_svga

この写真は8月8日撮影↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.09

はずみ車動力車工作セットの工作

P_20150721_195520_svga

7月にタミヤから発売された「はずみ車動力車工作セット」。 ほぼ同時に「泳ぐマンタレイ工作セット」もリリースされましたが、大方の予想を裏切って先にこちらをゲットしました。
水中モーターは売るほど持ってるし、羽ばたき推進は実験済みだし、「はずみ車」がいろいろと遊べそうなので。

組み立ては簡単。小一時間もあれば組みあがります。
「はずみ車」の軸受けがミニ四駆のパーツっぽいなと思っていたら、取説に「別売りのベアリングが使える」との記述。特に指定は無かったものの以前買っておいた620を組み込んだらまーピッタリ!かる~く回って耐久性もUP!
規格もんだしね(^^;(脱脂はしないよ)

P_20150721_231845_svga

とりあえず普通に組み立てて、カムによる自動操舵を一通り遊んでから改造開始。

手始めに以前(2009年)作った6WDのシャーシから電池ボックスやモーター、ギヤボックスを外して「はずみ車」を載せてみました。

Dscn9835_svga

干渉する部分を切り飛ばしてナントカ載せ替えに成功!6輪駆動で布団の上もぐいぐい走ります。 こりゃ遊べるユニットですなぁ。出力軸が真ん中じゃなくて、もっと下にあれば、、、というのは無いものねだり。

Dscn9837_svga

また機会を見てナニカ(船?)に載せ替えてみます。

※この6WD、よく走るけどフロントが軽いとか、リヤの地上高が低すぎて地面に当たるとか問題は多々だったりして(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.06

ゴジラのその後とMaker Faire Tokyo 2015

気が付いたら夏も過ぎようとしています(^^;

「尻尾推進ゴジラ改」は、その後尻尾を黒く塗装され完パケとなり、7月12日の追浜ミーティングで進水後、8月1、2日の二日間MakerFaireTokyo2015(以下MFT)で展示をこなしてきました。

Img_1171_svga_2

取り急ぎ、屋上特設プールでのデモの様子をどうぞ!水中での尻尾の動きが良く分かりますぞ。
ちなみに「日本水中ロボネット」としての出展なので、ゴジラ以外も走っています。ゴジラはヒレ推進のデモといった位置づけかな~(Twitterで中の人から「プール用意するからぜひ参加を!」と誘われたのでした)。
なお、手伝いに来たAMMのtaka袋さんがネタで持ってきた「泳ぐたい焼き」が何故か大人気で、写真をバンバン撮られてました。分からんもんですな~ww

ゴジラは二日間ともノートラブルで完走!本体より先に送信機のバッテリーが空になる省エネぶりでした。

以下はMFTでの展示状況。

Img_1634_svga_2

Img_1641_svgajpg_2

Img_1643_svga_2

Img_1734_svga_2

Img_1695_svga_2

Img_1633_vga

Img_1697_svga_3

Img_1710_svga_2

展示の島としてはロボット系の中です。場所がかなり端の方(壁サークル?)だったため、ビッグサイトの屋上展示場に設置されたプールまで距離があったのが残念なところ。
興味を持ってくれたお客さんに、その場でデモを見せたかったなぁ。

※そもそも両日ともすごく暑くて、屋上展示場はメントスコーラや水ヘボコンなどのイベント時以外は閑散としてたし、、、こっちもそれに合わせてデモしに行ったりと姑息な(^^;

個人的には、賑やかしに持って行った過去に作った水中モーター工作物が受けていたのも嬉しかったり。

それにしても相変わらずMake:は面白い! MTM(Make:TokyoMeeting)時代に3回出展して、MFTになってからは初めてでしたが、タイミングが合えばまた参加したいものです。

追記:冒頭の写真は7月12日の追浜ミーティングですが、この時なぜか舵が効きにくくなっていました。
元々効きがよい方ではなかったのでそんなものかと思っていたのですが、翌週の水ものオフ後に調べたところ、プラネジで作った舵鞘が折れていて、左右に傾くだけで舵としては使えなくなっていることに気づきました。
急遽分解して交換、さらにプラのフレームで舵のガードを作って取り付けています。
メンテは先入観を持たずにしないとだめですね~。

折れた舵鞘(M5プラボルト)

Dscn9834_svga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.20

尻尾推進ゴジラ改

やはり白い下半身はいろいろと不評だったので、黒くしてみました。

具体的には、黒塗装したプラ板箱組のケースを作ってお弁当箱を覆います。現物合わせで作りましたが、蓋にパチンと嵌めることができます。そしてゴジラ上半身をこちらに移動。
(ついでに2mm厚のゴム板で背びれを作ってケースに追加しました)

舵と足(垂直安定板)はいったん取り外して塗装。尾は0.5ミリ厚の黒ゴム板を切った張ったして作ったカバーを被せました。

さらにお弁当箱自体も同じく0.5ミリ黒ゴム板をスカート状に張り付けて、上から白い部分が見えないようになっています。

こんな感じ↓
Dscn9772_svga

で、さっそく6月のAMM追浜に持ち込んでみたのですが、、、、

覆いとゴム板を追加したせいで浮力バランスが崩れ、その調整に小一時間。ゴジラ上半身がけっこう重いので傾くんですよね。

そして、いざ動かしてみると以前ほどスピードが出ません...orz

同じように尾は振っているのですが、水を左右にかき回すだけで推力になってない感じ。

原因として考えられるのは尻尾に被せたカバー。
面積が増えたものの、ゴムの抵抗でしなやかさがなくなったせいか尾の動きも固めです。

Img_1108_svga


考えた結果、尾のカバーは取ってしまいました。
(お弁当箱に巻いたゴム板と両面テープで繋いでいただけなので外すのは簡単)

当たり前ですが推力も元通り。

ゆっくり目で動かしてます↓

いや~。尾だけ白いと間抜けですね。
近いうちに取り外して黒く塗ってしまおうと思います。最初からこうしておけば良かったんですかねぇ(^^;

次回は追浜か水ものオフか、MakerFair Tokyoか!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.05.19

「泳ぐゴジラ」改め「尻尾推進ゴジラ」の動画

5月17日に行われたAMM根岸ミーティングで「尻尾推進ゴジラ」の動画を撮影してきました。

初めてのプール進水でしたが、全く問題なく爆走!

前に付けた舵もそれなりに効いてます。素早く動かすとブレーキになったりバックもできたり(^^;

ただまぁ、上半身と下半身のバランスがアレなので、できるだけ目線を下げて見るのが吉ですな。

もういっちょ、「ヒレ推進実験機」も首長竜型の浮力材を付けて「ぱたぱたネッシー」としてプールデビュー。

そこそこ良い感じで進みますね(^^)v
これは大型化しないと、、、次回作?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧