模型

2016.05.17

ラジコン武蔵(アリイ1/600)

Dscn0287_svga

1/600のアリイ版武蔵です。

昨年、水ものオフが大和級祭りだというので「たまにはスケールモデルを作ろうかなぁ」と買い込んだものの方針が定まらず、一時は放置状態に。
購入から1年近く経ってようやくラジコンとして仕上げることができました。

ラジコンで走るだけなら特に珍しくないので、リンクを駆使して舵と砲塔が連動して旋回するようにしております。

詳細は相変わらず手抜きですが、Twitterのまとめをご覧ください(^^;

ひとつよろしく。

追記:6月19日にプールで撮影した動画です。ちょっと見にはプラモの戦艦が走っているだけですが、砲塔が動いているのも確認してね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.10

伝説のペパクラ

すっかりご無沙汰。

Dscn0151_svga

夏の終わりから年末にかけて丸4か月、ゼネラルプロダクツ製ペーパークラフト「東宝自衛隊 メーザー殺獣光線車」を作っていました。

購入したのはなんと30年前、本棚でじっくり熟成していました。ふとしたきっかけで作り始めたのですが、完成に合わせてTwitterに投げていた製作状況をTogetterで纏めてみました。

「完成品は日本に10台」「製作不可能」「死屍累々」などと言われていましたが、いや~、やればできるもんなんですね~(^^)

ペパクラ1/48メーザー車を製作


というわけで、若干手抜きの今年最初の更新となりましたが、本年もよろしくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.08.18

サブマリンファントム

Twitterに投げていた製作物のまとめの続き、さらに続き。

明石小五郎さんのブログで紹介されていた「サブマリンファントム

倒産寸前のカタログのイラストのみ、売っているのを誰も見たことが無い。多分販売はされていないだろう代物が気になってしまい、「試作ぐらいはしたんだろうな」との邪推から再現してみようと思い立ったのでした。

水中を自在に飛ぶ戦闘機!

仕様を推測すると、250円でモーター電池別だとあまり凝った自動浮沈機構は無いと思われます。水平尾翼の固定位置で、T尾翼自動浮沈のような(Go!Go!サブマリンのような)らしい動きをするだけじゃないかと、、、。その代わりフラップの操作でロールや旋回、宙返りなどもこなせそうです。
楽しそう、、、??

P_20140619_173653_svga

ベースはタミヤ(イタレリ)の1/72ウォーバードシリーズのF-4S ネービーファントム。古いキットですがこれが一番安かったので(^^;

Dscn9389_svga Dscn9388_svga

まずは水平尾翼が自由に動かせるように改造。パイプにネジが切ってあって、ビスで任意の角度で固定することも可能。

Dscn9403_svga

次に切り取ったフラップにステンレス線を通し、同じく上下に動くように加工。動きは若干渋めにしてあります。

カタログによると、動力は単3電池1本にRE-14モーターと水中モーターS-1と同じ仕様。
それならS-1を丸ごと内蔵しようかと考えましたが、これが微妙に入らない。RE-140モーターや電池ボックス、スイッチを新たに作り込むのは根性が続かん、、、。

Dscn9407_svga Dscn9409_svga

というわけで、結局ダイソーの電動字消しを切り刻んで内蔵しました。低い位置にあるスクリュー軸にはギヤで動力伝達しています。
裏から見た写真で、一番後ろのネジを締めこむとスイッチが入るようになってます。

Dscn9495_svga Dscn9497_svga

浮力材を入れ、組み上げたところ。見た目分かりませんがほぼ中性浮力。
製品としてはこんな感じだったんじゃないでしょうか。

Dscn9498_svga

お風呂テストでは確かに尾翼やフラップの角度によって面白い挙動をすることは確認できましたが、いかんせん距離が短すぎ。正直な話、あまり楽しくない(爆

追浜だと深すぎて遊べないし、水オフ会場の池では何も見えないしで、秋の根岸が本格デビューかもなぁ。、、、、しないかも、、、、。

完成したものの、実は塗装する気力がありません。売らなかった(売れなかった)のも分かる気がする(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.08.17

サンダーバード秘密基地

Twitterに投げていた製作物のまとめの続きの続き。

15年くらい前に買って動力だけ組んでいたTB秘密基地をようやく塗装。メカはコナミの食玩と置き換えたので楽ちんなはずが、島を塗るだけで三日!そこそこいい感じに塗れたのではないかと自画自賛してます。

Dscn9310_svga

Twitterでは写真1枚だったので追加しておきます。撮影は2014年4月27日。

Dscn9306_svga Dscn9305_svga

Dscn9307_svga Dscn9303_svga

コナミのサンダーバード食玩にしてからが、すでに12年前ですか~。
実は6年前に無塗装状態でプールに浮かべて、ひょっこりひょうたん島してたりして(^^;

Dscn9492_svga P1060211_svga


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014.08.16

ギガテン雪風とギガテンボスパー

Twitterに投げていた製作物のまとめの続き。また間が空いてしまった(^^;

今回はタカラトミーのギガテンバギーを使ったプラモ改造です。

ギガテンバギー、、、優れものなのにすでに絶版なのが悲しいです。過去ログを見たら2010年発売だったんですねぇ。検索するとワゴンセールで1000円で入手!などというブログ記事を見ることもありますが、私は運悪く遭遇せず、結局発売直後に1台と、2012年に箱潰れのお買い得品を1台の合計2台購入したのみでした。

まずは「ギガテン雪風」

P1000542_svga

今年の2月から3月にかけて製作。ベースはタミヤの往年のキット「1/300 雪風」です。

2個目のギガテンバギーメカを搭載。船体が細いためシャーシまで分解して基盤と電池を取り出してプラ板上に配置、ユニットとして取り外しできるようにしてみました。

Dscn9196_svga Dscn9197_svga

スイッチも基板から剥がしてケーブルで延長しています。

Dscn9199_svga Dscn9201_svga

スクリューは1軸でギヤで1段減速。舵は0.8ミリステンレス線をロッドにしてリンケージ。

Dscn9380_svga Dscn9374_svga

面倒だったのはメカ類よりメンテのための甲板の切り取り作業でしたね。2か所でひっかけ、1番砲塔ををねじ止めすることで甲板を固定できるようにしてみました。

Dscn9376_svga Dscn9373_svga

さらに駆逐艦なので船体が細くてバランスが悪く、上構を載せると転覆しそうになるので船底に錘をぶら下げました。

あとは適当に色塗って進水!

ただ、根岸のプール(冒頭の写真)では風に流されまともに走れず、再調整後、追浜の静水面でそこそこの走りを見せてくれたので安心して水ものオフに持っていきましたが、あそこは意外と波が高くて、、、(^^;

あっという間にバランスを崩し、沈没こそしませんでしたがかなり進水した結果、リポ電池がご臨終になってしまいました。

Dscn9417_svga
パンパンに膨らんだリチウムポリマー電池

現在機関部は取り外され、雪風は退役。

ギガテンメカは電池を単4電池4本仕様にして別の船に搭載するべく調整中です。

続いて「ギガテンボスパー」

P1010087_svga_2

4月末から5月頭にかけて製作。ベースはタミヤの魚雷艇シリーズ「ボスパー」です

資料によると1963年初版で、68年頃水中モーター用に船底を改造、71年に写真のスイッチレスモーター仕様に。キットはたぶん75年頃で350円。以前どこかのオフで頂いたものでした。

Dscn9326_svga Dscn9317_svga

余談ですがこの船体、現在も売っている「水中モーター(船体付き)」の「船体」とほぼ同じものです。長命~(^^;

さて、ギガテンメカは以前作ったギガテン水中モーターから流用。これを船体に固定し、プラ棒で裏にあるスイッチを動かせるよう加工して、2枚舵を活かすように舵をリンクすれば完成。あっという間でした。

こいつの問題は塗装、、、もともと年少者向けなのでパーツも少なく組立も簡単なのですが、その分細かく塗り分けなければいけないところが多くて。

Dscn9320_svga Dscn9321_svga

いつもはしないのに、この時はヒマだったんでしょうかね(^^; けっこう真面目に甲板のマスクをちまちまやってました。

Dscn9322_svga Dscn9325_svga

やっぱり塗ると映えるんだよなぁ。残念ながら。

進水は6月の追浜AMM。

P1010063_svga P1010060_svga

至って快調でしたが、7月AMM時に子供に操縦を任せて動画撮影しようとしたら、あっという間にミニチュア船を曳航していた船のケーブルにスクリューを絡ましてしまい、ほぼ沈没、、、。窓が素抜けなので、転覆すると一気に水が入るのです。

_svga
事故の瞬間!衝撃でビデオもボケボケ。

乾燥後のテストで電池は無事だったものの、1週間たったらステアリングが動かなくなり、かなり焦りました。原因はシャフトの錆び。磨いてグリスアップして現在は復活しています。

7月21日の水ものオフでは元気でしたが、次は危ないかも~。
頑張れギガテン!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014.08.15

アリイ版電動ギャオスの歩行機能検証

その昔、アリイが日東のガメラシリーズを電動化して再販したのもBS-1でのガメラ放映がきっかけでしたが、今回は、、、無さそうですね~(^^;

Aut_0953_

さて、かねてから言われていた「アリイの電動ギャオスはジタバタするばかりで歩かない」という件を検証するために、羽ばたき改造したビッグスケールと同時期に入手していた小さい方のギャオスを普通に組んでみました。

日東のオリジナル(1960年代)のゼンマイ版はちょっとは歩いた記憶があるのです。

Dscn9476_svga Dscn9442_svga

オリジナル版ギャオスとの違いは動力がモーターになり、さらにリモコン化されたこと。さらに尻尾の中に入れる錘の省略、お腹にあったゼンマイ用の穴埋めといったところでしょうか。

※いざ作り始めると、スライドするはずのシャフトが太くて滑らなかったり、ギヤボックスを削らないと胴体前後が合わなかったりと古いキット特有の問題が次々と浮上してきますが、ここは本題から外れるので流します。

ディティールアップなどは考えていないのでこれで完成です。

思い出補正が入っているせいかとても小さく感じます。でも中々シャープでスマート!

Dscn9473_svga

試しに動かしてみると、噂通りまったく前進しません。尻尾を左右に振ってその場でもぞもぞするばかりです。畳や絨毯、板の間など路面の条件を変えても全く同じ。

子供のころは確かにこれで遊んだのに!

電動改造された結果、足と尻尾の絶妙な3点支持の絶妙なバランスが崩れたのでしょうか。ダメダメですね。

しょうがないのでナントカする方法を考えてみます。

Dscn9485_svga Dscn9488_svga

実は15年ほど前に同シリーズのバルゴンを作っておりまして、その時は尻尾が左右に振られないように抑えられればある程度は歩くことが判明し、錘とミニ四駆のゴムローラーを追加することで解決していたのですが、、、。

同じことをやろうとしたらギャオスはバルゴンと違って尻尾が短く、接地面もほとんどないんですな、これが!
条件悪し!

Dscn9483_svga

幅も狭いので大きなゴムローラーは仕込めず、苦肉の策で尻尾の先端にミニ四駆のベアリングをなんとか埋め込みました。さらに鉛板を尻尾の中へ入れて錘にしています。

Dscn9477_svga Dscn9481_svga

まだまだ左右に振られますが、とりあえずここまでやって、ヨチヨチながら前に進むようになりました。

ローラーはともかく、尾の中の錘は省略しちゃだめですね。オリジナルのパーツ構成には意味があるのです>アリイさん

【余談】
組立説明図から。「マントのくみたて」って、、、翼じゃなくてマントだったのか??

Dscn9444_svga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.12.09

キングモグラスDX

Dscn9173_svga

仕事で行けず、魂のみ参加だった「動く戦車オフ2013」の「俺モグラスコンテスト」用に作った「キングモグラスDX」の覚え書きです。

撮影記録を見ると、2013年9月10日前後から10月31日ぐらいまで、中断はさんでほぼ2ヶ月かけて作ってますね。
もともと参加できないことが確定した時点でモチベーションはだだ下がりだったんですが、ネタを思いついてしまったもので、つい(^^;

そのネタとは「キングモグラスで今井のジェットモグラタンクのパチもんを作る」です。

今井の初代ジェットモグラの最大の特徴は『一個のモーターでドリルが回って走行し、さらにタンク部に乗せると動力が連動してキャタピラで走行する』です。(異論は多々あるでしょうが、きわめて私的な意見ですので)
それをミドリの「キングモグラス」(童友社が再販した動力無しのモデル)でやってみようと思ったのでした。「ビッグモグラス」や「ウルトラモグラス」に進化せず、キングモグラスをそのままデラックスにしたような、、、。

では記録写真を元に、順を追って見ていきましょうか。

Dscn9110svga Dscn9112svga

今回のドリルはこれ。イレクターの「Φ28プラスチックジョイント(グレー) J-50A S GR」って名前のパーツ。 数年前にこれを使ったドリル戦車の作例を見て、いつかは作ろうとホムセンで見つけたときに買っておいた物なのでした。
根元にはめたプラ板と先端まで、2ミリステンレスのシャフトが貫通します。

Dscn9108svga Dscn9107_svga

まずは胴体の中心軸にドリルのシャフト用軸受けを設置。減速用の平ギヤも取り付けます。
モーターの軸にもピニオンと平ギヤを取り付け、ドリル用ギヤとちょうど軽く噛み合う位置でモーターを固定します。

このモーターはミニ四駆Pro用の両軸モーターなので、反対側にもピニオンを付け、こちらはクラウンギヤ経由でシャフトを垂直に外に出します。
工作簡略化のため、今回はモグラスのみでの走行ギミックはありません(^^;

Dscn9115_svga Dscn9116svga
Dscn9117svga Dscn9118svga

タンク部はタミヤの「走るミニタンクシリーズ」そのまま。

モーターを取り外し、かわりにシャフトを固定して、さらにクラウンギヤで上向きにシャフトを延ばしてます。 このシャフトを回すと起動輪も回るというわけ。

 

Dscn9120_svga Dscn9168svga

そしてモグラスを乗せるトラス部分をそれらしく作り、位置合わせして、上下のシャフトを金属パイプで繋ぐと、めでたく動力が伝達します。

Dscn9153_svga Dscn9156svga
Dscn9164svga Dscn9169svga

後は電飾して色塗って完成です! いちお、パイロットも乗ってますが、例によってかなりテキトーですな(^^;

Dscn9122svga Dscn9126svga

※電飾は使い古しの電池1本でLEDを光らす「ジュールシーフ」って回路を組んでます。オフ会程度ならボタン電池直付けで充分なんだけどね~。

追記:走行動画。途中でピクピクするのは編集ソフトのせいです。生のカメラ画像ではスムーズに走ってるんですが、、、。

追記2:カメラは学研「大人の科学」の特撮カメラを改造して、ロジクールの基盤に入れ替えたものを使用。そのため撮影もロジクール純正ソフトで行ったのですが、これが秒15コマでしか撮影できない!(後で知った)
編集して最終出力を秒30コマにしたので、補完の際に時々つじつま合わせ的にコピーされた画が挿入されることで、止まったように見える部分ができたのではないか、、、と推測。あってる?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.07.01

Shop自動浮沈

Jidoftin

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.01.11

初荷(最後の追記)

Jidoftin
タスクフォースのプラモデル「ジュニア707」入荷しました。2号艇が多めに入りましたので、この機会に是非!
※旧ユニオン製のB級ライトプレーン「ミサイルボーイ」と、「電動飛行機工作基本セット」を追加しました。電動飛行機のメカは船に使えるか?(1/18)
※ジュニア707の1号艇は在庫切れです。次回入荷は未定です(3/8)
※ジュニア707の2号艇も在庫切れになりました。次回入荷は?????(4/6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.21

707の自動浮沈システム

検索してたどり着いたgoo_goo43さんのブログでのコメント解説用。
タスクの707の取説から。
7071

ちなみに1.の「8と10の舵」は「10の舵」と読んでください(^^;
10が横舵で、29が潜舵です。

さらに部品構成はこちら。
7072
分かります?

| | コメント (2) | トラックバック (0)