書籍・雑誌

2014.09.01

特撮15秒コンテスト入選!

学研の大人の科学マガジン「特撮カメラ」で募集していた「特撮15秒コンテスト 」に入選したのでお知らせ(^^)
(上のリンクの「大人の科学 オートマ・テ」に結果発表が載っています。結果発表のページはこちら★

ま~、締切が去年の12月23日でしたからね~。「次号で発表」が7月末までずれ込んだので、応募した方も6月末に連絡が来るまですっかり忘れてました。「特撮カメラ」自体、発売が去年の9月末ですし、、、ほぼ1年前だわ(^^;

頂いたのは「審査員特別賞」!審査員の桜井景一様、選んでいただきありがとうございました。

それでは受賞作品「特撮ファイト!」をどうぞ!

結果発表のコメントにも書きましたが、身長17センチほどのクマのぬいぐるみをレンズの前に、子供を奥に配置して撮影しました。エフェクトは一万円程度の動画編集ソフト付属のもの、効果音はフリー素材です。

ちなみにカメラそのものも改造しています。
もともと付録の「特撮カメラ」はUSBでパソコンと接続して撮影するわけですが、光量を稼ぐために屋外で撮影しようとすると、手持ちのネットブックがなかなか非力で本誌で紹介されていたカメラ用ツールでは動画がまともに写せなかったのです。

そこで以前作った接眼USBカメラから基盤を取り出して、特撮カメラのレンズと合体させてしまいました。感度も操作性もアップです!
CMOSが若干大きくなった分、オリジナルより広角になってしまいましたが、作品ではトリミングすることで画角を揃えています。

Dscn9179_svga
レンズマウントごと移植。と言ってもエポキシで接着しただけ!(ゴミに注意!)
この後で元のケースに無理やり押し込んでいます。

それにしても映像作品で何かしら賞をもらうのなんて、「えび天」の銅監督以来かしら。いくつになっても嬉しいもんですね。今後も精進します(^^)

【おまけ】
実はこのコンテストには4本も応募しておりまして、「特撮ファイト!」は最後に応募した作品だったのです。最初の2本は動画が撮れなくて静止画をつないだものだったし、、、
カメラを改造して動画が撮影できるようになり、作ったのが3本目。締め切りが延長され、「最後にお気楽に」作ったものが結果を出してくれました。
せっかくなので応募作を全部張っておきますね~。

応募1本目

応募2本目

応募3本目

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.10.05

大人の科学マガジンに「蒸気船」掲載

以前「ストローヤンセン」を紹介していただいた「大人の科学マガジン」で、またもや拙作を載せていただきました。

Photo

ものはさらに古い、、、2005年に製作した「蒸気船ウィリー」です。
なんで今頃なのかというと、創刊10周年にちなんだ「みんなの改造ふろく大集合」のページに混ぜてもらったからなのでした。

写真は元気な頃の姿1枚です(^^;

この時使った「蒸気エンジン」は単気筒のボイラー一体型タイプ。創刊間もない7号だったんですね。
この号は既に絶版ですが、7月末に進化した「Vツイン蒸気エンジン」も発売されているので、近いうちにこれで新型蒸気船を造ってみようと画策中です。

今度はより蒸気船らしく外輪船がいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.15

新機材投入!

Manimani

新機材と言っても、レンズでもカメラでもなくマンガです(^^;
先日初めて買った「星ナビ」でアニメ化!と紹介されていたのを見て気になっていたもんで(ちなみにうちじゃ受信できません)。見つけたところで一気買い。

『宙のまにまに』(『月刊アフタヌーン』にて連載中)
中身は天文部を舞台にしたラブコメ。

私の通ってた中学高校は天文部がなく、中学時代にかろうじて雄志で集まってたのが唯一のそれらしい経験かな。

こうした設定のマンガは今までありそで無かったってことで。
う、羨ましい…(^^;

続きを読む "新機材投入!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.04

キャラクターエイジ VOL.3

が、8月末に発売になった模様。
今回の特集は「秘密基地」だそうです。
(amazonで画像が表示されるようになったら張ります)

ところで、後ろの方にあるトーピドーモデルスさん(栗原さん)のオリジナルSFメカ製作記事中に私の名前がちょっと出てきますが、これは掲示板で8WDメカの構造についての相談を受けていたからなのでした。

Wagon_5
俺スパイダー「HONDAムーンワゴン」

いや、でもたいしたアドバイスなんかしてないんですけど(^^;
今見ると2004年製作ですか。5年前かぁ…。

ちなみに本誌には他にもMJ号(マイティ号)のラジコン化の記事も載ってますね。
こちらにはまったく関わっておりませんが、検索で来た人用にMJ号カテゴリーのリンクを置いておきます。

MJ号カテゴリー

試運転の際はぜひAMMへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.31

神林さんの本!「ゼロからの出発」

6月4日のエントリーでご紹介した、神林久雄さんがお書きになっていた半生記が本になりました。
上でリンクしたAmazonの他に、ライブドアブックスオンライン書店ブーブル楽天ブックスで購入できます。

内容は韓国で過ごした幼少~青春時代から、戦後、アイデアとそれを実現する技術力で成功していく過程が淡々とした筆致で書かれています。山田模型での仕事ぶりやゴーゴーサブマリン誕生秘話などは、当時を知る(元)子供たちには感動ものです。

書店への配本は全国で300軒程度だそうなので、手にとって確かめることは難しいかもしれませんが、お薦めの一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.04

神林さんのこと

赤い工作用プロペラを使った「俺山田」を企画したり、自動浮沈潜水艦や「ビックリ分解自動車」で遊んでいる私にとって、とても貴重な記事が現在発売中の「モデルカーズ134」(7月号)に掲載されました。
そういえば「Go!Go!サブマリン」にちょっぴりトラウマもあったなぁ。

記事のタイトルは「昭和のプラモ群像 伝説の模型デザイナー・神林久雄」です。
そう、本家の掲示板にたまに遊びに来ていただいている神林さんのお父さんなのです。

掲示板にも残っていますがいろいろなやりとりがあり、私も年始めには山田のランドクルーザーを持ってお宅までお邪魔してまいりましたが、前後して訪問していたモデルカーズの平野さんが記事にされたのですね。

内容は今まで神林さんがあちこちの掲示板に書いていたものを集大成した感じですが、さらに情報が加筆されています。美麗な箱絵や完成写真が掲載されているのも嬉しいですね。
こうした出版物に神林さんがここまで詳しく紹介されたのは、ひょっとしたら初めてではないでしょうか(「日本プラモデル興亡史」に少し登場します)。ぜひ一度目を通していただけることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.03

ぷらねたりうむ

大人の科学マガジン Vol.9 (9)
大人の科学マガジン編集部
4056041865

9月26日発売(先週の月曜日)。
学研からのメールマガジンでは、書店からの注文が多くて自社の通販サイトでも在庫がそろわないほどだとか。
「ホンマかいな」と思ってたら、1週間たたずに店頭からも消えてしまったのには驚き。
先日テレビドラマが放送されたんでタイムリーだとは思ってたけど、こんなにプラネタリウムに注目が集まるとはね~。良い傾向だわい(^^)

それにしても「降るような星空」って、以前はうちの近所でも見れたのにな。「以前」が40年前ではあるけれども(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.05

買わねば

ずっと怪獣が好きだった―造型師が語るゴジラの50年
4000010727
品田 冬樹


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

というわけで、まだ買ってません…。
品田さんって、昔からお名前だけは聞いていたので興味があるんです(同い年だし)。
<友人の家にあった仮面ライダーアマゾンのスーツが「品田さんに作ってもらった」だの、別の友人にスポンジからはさみ一丁で切り出したアンギラスの写真を見せられて「品田さんって人が作った」だの、話だけの近そうで遠い存在>

駅前の本屋が撤退してからこの手の本は入手し辛くなったので、やっぱりアマゾン頼みでしょうね(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.06.09

届きました

hon_1

月曜深夜に発注して先ほど到着。アマゾンにしては時間かかったかな?
宇宙船の上に乗ってるのは、角川の特撮エースだかで連載中のマイティジャック。評判が良いので一緒に買ってみたのだ(ホントは1500円以上なら送料無料なので付け合わせに(^^;)。

まだパラパラ見た程度だけど、情報量が多くてお買い得な感じ。巻末のグラビアはちょっとなんだかだけどね。
ん~、昔も特撮ヒロイン特集なんかやってたから変わってないといえば変わってないのか。

「またスーパージャイアンツが記事になってるよ~」、と思ったらDVDの紹介か~。こんなに旧作がリリースされるんだし、新作も豊富(創刊当時に比べれば)なんだから、まだまだ盛り上がってるんじゃないかとも思うけど、前にも書いたようにパイの大きさ自体が縮小傾向なのかもね。
「子供達の特撮離れは進んでいるようだ」と書いたコラムもあったけど、ホントの所は次から次へと(ちょっと変わっただけの)新作を出して「売らんかな」としているのが飽きられただけなんじゃなかろうか。もっと一つのキャラクターを大事に長持ちさせた方が結果的に財産になると思うぞ。
今号の表紙のC-3POやR2-D2なんて28年前のキャラクターじゃん。「ジャッカー電撃隊」と同時期だよ。

ちなみにすでに「ウルトラマン」が何人いるのか分からなくなってますσ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.06.05

休刊

宇宙船 07月号 [雑誌]
B0009PLA0U

噂では聞いていたけど、今号で休刊だそうだ。
25年。創刊号を買ってからそんなに経ってしまったのか・・・・。

もう長いこと立ち読みすらしてないけど、せっかくだから買っておくか。
表紙がスターウォーズだってのが象徴的。あの映画のヒットがなかったらこの雑誌は存在すらしなかったかもしれない。

読んでからの感想はまた今度。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧