水中モーター

2015.09.06

ゴジラのその後とMaker Faire Tokyo 2015

気が付いたら夏も過ぎようとしています(^^;

「尻尾推進ゴジラ改」は、その後尻尾を黒く塗装され完パケとなり、7月12日の追浜ミーティングで進水後、8月1、2日の二日間MakerFaireTokyo2015(以下MFT)で展示をこなしてきました。

Img_1171_svga_2

取り急ぎ、屋上特設プールでのデモの様子をどうぞ!水中での尻尾の動きが良く分かりますぞ。
ちなみに「日本水中ロボネット」としての出展なので、ゴジラ以外も走っています。ゴジラはヒレ推進のデモといった位置づけかな~(Twitterで中の人から「プール用意するからぜひ参加を!」と誘われたのでした)。
なお、手伝いに来たAMMのtaka袋さんがネタで持ってきた「泳ぐたい焼き」が何故か大人気で、写真をバンバン撮られてました。分からんもんですな~ww

ゴジラは二日間ともノートラブルで完走!本体より先に送信機のバッテリーが空になる省エネぶりでした。

以下はMFTでの展示状況。

Img_1634_svga_2

Img_1641_svgajpg_2

Img_1643_svga_2

Img_1734_svga_2

Img_1695_svga_2

Img_1633_vga

Img_1697_svga_3

Img_1710_svga_2

展示の島としてはロボット系の中です。場所がかなり端の方(壁サークル?)だったため、ビッグサイトの屋上展示場に設置されたプールまで距離があったのが残念なところ。
興味を持ってくれたお客さんに、その場でデモを見せたかったなぁ。

※そもそも両日ともすごく暑くて、屋上展示場はメントスコーラや水ヘボコンなどのイベント時以外は閑散としてたし、、、こっちもそれに合わせてデモしに行ったりと姑息な(^^;

個人的には、賑やかしに持って行った過去に作った水中モーター工作物が受けていたのも嬉しかったり。

それにしても相変わらずMake:は面白い! MTM(Make:TokyoMeeting)時代に3回出展して、MFTになってからは初めてでしたが、タイミングが合えばまた参加したいものです。

追記:冒頭の写真は7月12日の追浜ミーティングですが、この時なぜか舵が効きにくくなっていました。
元々効きがよい方ではなかったのでそんなものかと思っていたのですが、翌週の水ものオフ後に調べたところ、プラネジで作った舵鞘が折れていて、左右に傾くだけで舵としては使えなくなっていることに気づきました。
急遽分解して交換、さらにプラのフレームで舵のガードを作って取り付けています。
メンテは先入観を持たずにしないとだめですね~。

折れた舵鞘(M5プラボルト)

Dscn9834_svga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.05.19

「泳ぐゴジラ」改め「尻尾推進ゴジラ」の動画

5月17日に行われたAMM根岸ミーティングで「尻尾推進ゴジラ」の動画を撮影してきました。

初めてのプール進水でしたが、全く問題なく爆走!

前に付けた舵もそれなりに効いてます。素早く動かすとブレーキになったりバックもできたり(^^;

ただまぁ、上半身と下半身のバランスがアレなので、できるだけ目線を下げて見るのが吉ですな。

もういっちょ、「ヒレ推進実験機」も首長竜型の浮力材を付けて「ぱたぱたネッシー」としてプールデビュー。

そこそこ良い感じで進みますね(^^)v
これは大型化しないと、、、次回作?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.05.06

泳ぐゴシラ(下半身メカゴジラ?)

Dscn9696_svga

2月から作っていた「新作」こと「泳ぐゴシラ」がようやく形になったのでまとめ。
ま、泳ぐと言っても尻尾をくねらせて進むだけなんですけど(^^;

今回のミソは、ヒレ推進によくある素材の柔軟性頼みではなく、固い素材をバネでつないで撓(しな)らせているところ。
バネの固さも根元から先端に行くにしたがって弱くなるように調整しています。

Dscn9684_svga Dscn9715_svga

現状ではお風呂テストまでですが、ケツを振りつつも進むことが確認されています。 今度の根岸AMMで動画撮ってきますね。

Dscn97549753_svga_s

コトの発端は昨年公開されたUS版ゴジラ「GODZILLA」の劇場限定フィギュア付きドリンクカップ。当然買いました(^^)v
素晴らしく出来が良いのでボトル部分にメカを仕込んで水ものとして遊べるようにしようと妄想していたんですね~。ただ、手持ちのアンプやら受信機やらバッテリーでは大きすぎ、新たに買い足すとけっこうな出費になることがわかってしばらく放置されておりました。

そんなこんなで2月半ば、部屋の片づけ中に「潜水Q_Square」を解体しまして、余ったパーツ類を「なんちゃってROV」に使う予定だったお弁当箱に詰め込んでいたら、「このままゴジラの下半身にしちゃえばよくない?」との啓示が来まして、、、以前から実験していたバネ関節を使ったヒレ推進を応用した尻尾推進で作ることにしたのです。
スケール違いで下半身デブになるのはこの際目をつぶります!ボトルの活用はまたなんか考えよう。 

※2014年3月製作のヒレ推進実験機。関節部にキックバネが入ってます。

Dscn9250_svga Dscn9245_svga

中身詳細

Dscn9705_svga

動力はハイパワーギヤボックスHE(タミヤ)から出力軸を外へ。モーターは鈴商280に(仕様外だけどムリヤリ)交換してあります。

飛行機用のバックなしミニアンプにタムテックギアのバッテリー、ミニサーボと27MHZ用受信機を押し込んでいます。受信機の上にちらと見える錘はバランス調整用。

尾の根本

Dscn9655_svga Dscn9710_svga

クランクがグルグル回るだけですが、先端に付けたBB弾が根元の溝の中を滑り、結果として尾が左右に動きます。
尾はプラ板積層。ネジ止めで支柱から取り外せます。

関節部分

Dscn9657_svga Dscn9666_svga

プラ板を重ねつつ飛行機用の蝶番を埋め込んであります。ここもネジ止め。

バネの仕込み

Dscn9671_svga Dscn9672_svga

最初は両側から2本の弱めのバネで引っ張るようにしてみたんですが、必ずどっちかが負けて素人が装着した大リーグボール養成ギプスのように、、、。

そこで固めの3ミリ径バネを尾の中に埋め込んでみました。溝を掘り、上からプラ板を接着していますが、固定していないので関節のネジを外すとバネも取り出せます。
根元だけ後から追加して2本入ってます。適度に撓(しな)っていい感じ(^^)

その他もろもろ

Dscn9700_svga Dscn9703_svga

ゴジラ上半身は蓋にネジ止め。固定はされていないのでクルクル回ります。

弁当箱の下には2mmプラ板を足の形に切り抜いた縦ヒレと大きめの舵があります。 舵は前にあるので効くのかどうかは未定。いざとなったらブレーキ代わり??

縦ヒレは尾を振った時に本体が左右に動くのを防ぐ役割。タミヤのメカフグにもありますね。補強のために渡した桁の上にバラストが乗ってます。

と、まぁ、こんなところで。塗装に関してはお弁当箱の材質からして難しいので思案中。 ただゴジラを外すと白いオタマジャクシというか、○子のようになっちゃうので何とかしないと(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.21

ダイソー「電動字消し」を流用した水中モーターの提案(ただし防水なし)

Cimg3623_vga

9月にツイッターでちょこちょこ書いていたことのまとめ。
RC潜水艦方面に投げたときはあまり反応がなかったのでこちらで。工作教室で使えるかもね~。

***********************************

ダイソーで売っている「電動字消し」(105円)を水中モーターとして活用する提案です。

モーターと電池ボックス一体でこの値段。スクリューとスイッチを工夫すれば、ペットボトル潜水艇工作用の動力として使え、コストダウンが図れるのではないかと思います。
防水はありませんが、使用後きちんと乾かせば壊れません。長期テスト実施中。

Dscn8826vga Dscn8819vga

ダイソーの「電動字消し」
本体の色は白の他にピンク、黄緑など数種類。文具コーナーに常備。

Dscn8822vga

本体は3つに分割できます。
電池は単4を2本。モーターは130タイプで固定されています。
モーター背面にスイッチがあります。

Dscn8817_vga Dscn8821vga

本来のスイッチは、本体の一部を押している間だけ通電するというもの。
外側にネジを切ったプラ板を張り付けて、ネジを廻してスイッチを押すようにし てみました。
ギヤは手で回すときのツマミのつもり。

Dscn8820vga

スイッチと反対側に平面部分があるので、そこにプラ板を追加して模型取り付け時の土台に。

Dscn8823vga Dscn8825vga

付属の消しゴムを加工してスクリューを試作してみました。名札のPET板をくさび状に切って突き刺し、根元を瞬着で固定しただけですがけっこう丈夫です。
換えの消しゴムも売っているので、いろいろ試すことができます。
ただ砂消しは固くて脆いので加工し辛いです。

ペラは小さい方が耐久性あります。
刺すのは2ミリ程度で。深く刺すと割れます。作例だと長さ7mm幅5mmです。

***********************************

同内容をPDFにしてあります。興味のある方は以下のリンクからどうぞ。
ダウンロード hibouosui.pdf (76.5K)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.18

バタ足とカエル(その6)

先日の追浜ミーティングに「バタ足水中モーター」と「カエル足水中モーター」を
持ち込んで、動画撮影してきました。
バタ足が意外と速いんですよね。足ヒレは今はまだ0.3ミリのプラ板を暫定的に貼り付けただけですが、素材や大きさを工夫するともっと速くなるんじゃないでしょうか。

カエル足も今は素足ですが、こちらももう少し工夫する余地はありそう。
ホントの平泳ぎのような足の動き(ウイップキック)ができれば、推力がアップするんでしょうが…って、このキックは単純な往復運動じゃ再現できそうにないしなぁ(^^;

そんなわけで「バタ足水中モーター」in追浜

続いて「カエル足水中モーター」in追浜

今年の水物オフには、この両者のみが代理参加する予定です。
今江さん、よろしくお願いしますm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.10

カエル足もロールアウト

ほぼ1週間遅れでカエル足も完成しました。

ちょっと仕事が忙しくてねー(^^;
1日十数分ペースで進めていたのを、昨晩子供が早く寝たのを幸い、一気に仕上げてしまいました。おかげで今日は眠い…。

Kaeru1 Kaeru2
(写真は裏返しです)
足はバタ足と同じく1/144のファーストグレードガンダムから。
数年前に半額セールで何個か買っておいたのがようやく活用されました。(残った上半身は何に使おう????)

減速方法もバタ足と同じく、ウォームギヤと47歯平ギヤの1段。左右から挟み込むようにギヤを配置しているのが特徴かな。クランク&溝ではなく、バーを使ったリンクで足の付け根を左右に約90度振らせることができます。
モデルにしたおもちゃだと、前後に動く板にリンクさせて左右の足を動かしていたんだけど、こちらは両足を直接動かしています。この辺がちょっとオリジナル(^^)

補強用に張り付けた板にクランクが干渉したり、リンクバーの長さの調整で手間取ったりしたものの、今はスイッチを入れるとスムースに動作します。


でね、さっそく進水したんですが、今回はバタ足と違ってあっさり泳いでしまったんですよ。これが。しかも足ヒレなどはつけていないのに。

カエル足っぽく見せるために、ヒザが水流で30度ほど曲がるように関節をブラブラにしてあるんですが、それのおかげかスイスイと進んでくれたのにはちょっと感動(^^;

動画も撮らねば~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.07.04

ロールアウトの続き

Bats6
1.脚をヒザを曲げた状態で固定
2.足の裏が水平になるようにクランクの取り付け角度を調整
3.ヒレ(昨日と同じ物)を足の裏から延長
4.動かしたときに、足が水中から飛び出さないように浮力調整

以上を試みて、かろうじて前進できるようになりました。

まだまだです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.03

バタ足、ロールアウト

Bata4 Bata5
予定通りバタ足水中モーターが先に完成しました。
どんなもんなのかは写真で見ての通りです。

で、さっそく風呂に放り込んでみた結果は…ちっとも進みませんでしたorz

なんかね、ローリングを繰り返すばかりで推力になっていないようなのです。
さらにタイミングの加減か、左へ、左へとその場で回転するばかり。
う~ん、足ひれをもう少し長くした方がいいかな。素材ももっと柔らかくしないと。

カエル足を進めつつ、調整していきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.07.01

バタ足とカエル足(その2)

6月中になんとかしたかったんですが、今日でもう7月…

3
今朝の作業机の状況です。
真ん中へんになにやら怪しい物が写ってますが、気にしないでください(^^;

当初はドライバー1本で分解できたんですけどね~、増築を重ねてギヤボックスと水中モーターは壊さない限り分離不可能になってます。

取り急ぎバタ足が先に進水しそうな気配ではあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.26

バタ足とカエル足

毎年楽しみにしていた「水物オフ」。
初回こそ参加しそびれたものの、ツインスターメーリングリストへの加入きっかけとなり、その後の模型人生に多大なる影響を及ぼしたビッグイベントも今年で10回目の節目を迎えることになったのだが…今回は仕事の関係で欠席なのです。残念!(2次会には間に合うかも(^^;)

ま、こういうときは通例の「作品のみ代理参加」となるわけですが、今回まさかMJ号を預けるわけにもいかず、どうしようかと思っていたところ、案内ページを改めて見ていて思い出しました

企画予定の「バタ足メカ」は確か自分が言い出しっぺだったはず(^^;

となるとやっぱり、これで何か作例をやっつけなきゃいかんでしょー
というわけで、水中モーターをベースにこんな物を作ってます。

Bata1 Bata3
まだまだ途中ですが、左側が「バタ足」で、右のが「カエル足」になる予定です。
予定ですよ!

なんせゆっくりとしか製作は進みませんが、ぼちぼちと更新していく所存なのであります。
さて、もうひとふんばり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)