« ラジコン武蔵(アリイ1/600) | トップページ | はずみ車動力ユニットで水上を<その2> »

2016.07.18

はずみ車動力ユニットで水上を

タミヤの工作シリーズ「はずみ車動力ユニット」。

2016_0109

昨年出た「はずみ車動力車工作セット」の動力部分単体売りです。

1月に発売されてすぐ買いました。 前回6WDを作ってみたので、この時はサクッと4WDをワイルドミニ四駆ふうに作成。
 
手回しハンドルでチャージするのでスピードも航続距離も6WDよりUP。

Dscn0210_svga

Dscn0207_svga

ただイベントでジオラマコースを完走できなかったので、もうちょっと何とかしたいな~と思いつつ放置されておりました。

Img_2712_vga
★☆動く模型愛好会のイベントでのジオラマコース

その後(静岡ホビーショーに行ったついでに寄ったタミヤ本社で)もう一個購入し、「今度は船に乗せてみるかな」と試してみたのが今回のお題。

ふ~、前置きが長いよ(^^;

船体は手持ちの中から大昔に買ったアオシマのボートプラモを再利用。R/C化されて「栄光丸」として本家HPこのブログにも時々出ていたアレです。最近はメカをとられてドンガラになっていたので引っ張り出してきました(最後のご奉公?)。

Dscn0337_svga

Dscn0340_svga

Dscn0339_svga

仕様としては、「はずみ車動力ユニット」の出力軸に取り付けた36Tクラウンギヤと、スクリュー軸の8Tピニオンギヤを組み合わせてペラを回しています(手持ちで一番大きかった「パイプスクリューL」を使用)。ユニット自体もチャージ用のホイールを取り外して抵抗を減らしました。

問題はギヤで4.5倍速しても回転数があまり上がらないこと。トルクはけっこうあるんですけどね。

ユニットを搭載できたところで早速お風呂テスト。「ま、スクリューも大きいしそこそこ走るだろう」の予想に反して遅~い。やはり回転数の低さが影響している模様。ただこれ以上大きいと船底に当たるしなー、、、。

下の動画はAMMのミーティング時にプールで試した時のもの。ハンドルを思い切りぶん回して「ナントカ」といった走り。すぐに回転がマイルドな範囲に落ちてしまうのも問題。
キャラクター頼みでジバニャン船長に乗ってもらいましたが、重くなった分余計にスピードダウン。ダメだこりゃ(^^;

そんなわけで今回の船は進水即引退です。「ゴム動力用」などのもっと大きなプロペラと軽い船体に変更して再挑戦ですね。夏の間に完成するのかしらん(^^;

|

« ラジコン武蔵(アリイ1/600) | トップページ | はずみ車動力ユニットで水上を<その2> »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71146/63931046

この記事へのトラックバック一覧です: はずみ車動力ユニットで水上を:

« ラジコン武蔵(アリイ1/600) | トップページ | はずみ車動力ユニットで水上を<その2> »