« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年9月

2015.09.11

塩ビ艦3号改

大掃除をしていた春先に、長いこと動かしていなかった「潜水Q_Square」を解体しました。

モーターやR/C機器は生きているのでそのうち何か思いつくだろうと保管していたのですが、先日ナニカが降ってきまして、同じく最近出番のなかった塩ビ艦3号の大改造に着手です。

Dscn9841_svga

まずは潜水Qで使っていた防水モーターにスプリンガータグ用の大型ペラを装着。パンチングメタルでモーターベースを作って、、、。

塩ビ艦3号のスライド式バラスト(これ「オテーガル2」の時に作ったもんだから、長持ちしてるね(^^;)にネジ止め。

Dscn9859_svga

使い道が無くて眠っていたアルミフレームを組み合わせて枠を作り、これも移動バラストにネジ止め。縦にしたモーターが地面に接触しないように。

R/C機器は2.4GHzの受信機を外して27MHzの4chに交換。ESCを追加して(これも潜水Qで使っていたもの)蓋からモーターケーブルを出し、外で新しいモーターと繋ぎました。

 

Dscn9858_svga

というわけで垂直スラスタ装備のなんちゃってROV2のできあがり。 まだ水に入れていないので調整はこれからですが、垂直スラスタ脚はユニットとして他の物に流用できるかも~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.10

なんちゃってROVモーター換装

塩ビ艦4号の垂直スラスタが進水後4か月で壊れたので、新しく作って交換しました。

Dscn9839_svga

と言っても防水モーター部分はかなり前に試験的に作っていたボトル利用のものです。
中身はいつものRC-280RA。シール材を充てんして封入。

壊れたモーターは軸が固着し、応急処置で回るようになったものの、ある所で止まると動かなくなる(手で位置をずらしてやれば回る)といった症状でした。

覆っていたプラ板を切り裂くと、かなり奥まで錆が進行していました。どこからか水が浸入して、抜けずにいたんですな。中途半端な防水はかえって壊れやすいという見本みたいなもんです。写真は、、、あとの祭り(^^; 土台部分だけ再利用しています。

灯油ポンプ流用の左右スラスタは未だ元気です。

今度のモーターはどれくらいもつでしょうか、、、。

Dscn9838_svga

この写真は8月8日撮影↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.09

はずみ車動力車工作セットの工作

P_20150721_195520_svga

7月にタミヤから発売された「はずみ車動力車工作セット」。 ほぼ同時に「泳ぐマンタレイ工作セット」もリリースされましたが、大方の予想を裏切って先にこちらをゲットしました。
水中モーターは売るほど持ってるし、羽ばたき推進は実験済みだし、「はずみ車」がいろいろと遊べそうなので。

組み立ては簡単。小一時間もあれば組みあがります。
「はずみ車」の軸受けがミニ四駆のパーツっぽいなと思っていたら、取説に「別売りのベアリングが使える」との記述。特に指定は無かったものの以前買っておいた620を組み込んだらまーピッタリ!かる~く回って耐久性もUP!
規格もんだしね(^^;(脱脂はしないよ)

P_20150721_231845_svga

とりあえず普通に組み立てて、カムによる自動操舵を一通り遊んでから改造開始。

手始めに以前(2009年)作った6WDのシャーシから電池ボックスやモーター、ギヤボックスを外して「はずみ車」を載せてみました。

Dscn9835_svga

干渉する部分を切り飛ばしてナントカ載せ替えに成功!6輪駆動で布団の上もぐいぐい走ります。 こりゃ遊べるユニットですなぁ。出力軸が真ん中じゃなくて、もっと下にあれば、、、というのは無いものねだり。

Dscn9837_svga

また機会を見てナニカ(船?)に載せ替えてみます。

※この6WD、よく走るけどフロントが軽いとか、リヤの地上高が低すぎて地面に当たるとか問題は多々だったりして(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.09.08

水四駆7号の顛末

久しぶりに水四駆を作りました。

Dscn9829_svga

2010年に作りかけて止まっている「水四駆PRO(なんちゃってサンダーセブン)」は水四駆としては通算で6台目だったので、今回は7号となります。

現在水ものオフで行われている「水四駆グランプリ」の発端となった「水四駆PRO」でしたが、元々高速走行することを考えて作られていなかったので、参加したレースでは惨敗(^^;

ハンドル名の名に懸けて!今年の水ものオフに向けて「レースに勝てる」仕様で作ってみることにしたのです。
(「大和祭り」用に作っていた「武蔵」が全然間に合わないので、代わりにこっちへ走ったというのは内緒)

基本的な考え方は以下の通り。

1.特別な防水加工はしない
2.スクリューはつけたい
3.タイヤはノーマルで
4.モーターは換装
5.新しくキットを買う
6.バラストはどっさり

水四駆のサンダーセブン化計画はまだ未完だったので、少しでも形状が近いものをと、見た目だけでミニ四駆PROの「トライゲイル」をベースに選びました。 モーターはライトダッシュPROです。

Dscn9799_svga

買ってから気が付いたのですが、同じPROでも新しいMAシャーシだったんですね。

後輪の車軸周りにスペースがあったので、ギヤを仕込んで連動してスクリューが回るようにしてみました。ここの加工しやすさは歴代のミニ四駆シャーシの中でもピカイチかも。スクリューは都合で左にオフセットしてますが、、、コースを走るだけなら問題ないはず。

Dscn9803_svga

※ホントはスクリューは別モータ―で回した方が水中でのアシスト力は高いんですが、ま、ここは雰囲気で(^^;

シャーシができたらボディをサンダーセブンっぽく化粧して完成!この赤白塗り分けは初版パッケージをベースにしています。先端の三角板は、水中に頭から突っ込んだ時の浮き上がり防止用です。

Dscn9807_svga Dscn9821_svga

というわけで、自信満々で参加した水四駆グランプリ、、、、まさかタイヤがグリップせずレーンチェンジを登れないとは、、、やっぱりここはスポンジタイヤ??スクリューも予想通り効果なかったなぁ(^^;
コースを一周もできずにリタイヤでした。トホホです。

レースの経験不足を痛感いたしました。 来年はもっと本気で!

Img_1561_svga

水中で集合写真!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015.09.06

ゴジラのその後とMaker Faire Tokyo 2015

気が付いたら夏も過ぎようとしています(^^;

「尻尾推進ゴジラ改」は、その後尻尾を黒く塗装され完パケとなり、7月12日の追浜ミーティングで進水後、8月1、2日の二日間MakerFaireTokyo2015(以下MFT)で展示をこなしてきました。

Img_1171_svga_2

取り急ぎ、屋上特設プールでのデモの様子をどうぞ!水中での尻尾の動きが良く分かりますぞ。
ちなみに「日本水中ロボネット」としての出展なので、ゴジラ以外も走っています。ゴジラはヒレ推進のデモといった位置づけかな~(Twitterで中の人から「プール用意するからぜひ参加を!」と誘われたのでした)。
なお、手伝いに来たAMMのtaka袋さんがネタで持ってきた「泳ぐたい焼き」が何故か大人気で、写真をバンバン撮られてました。分からんもんですな~ww

ゴジラは二日間ともノートラブルで完走!本体より先に送信機のバッテリーが空になる省エネぶりでした。

以下はMFTでの展示状況。

Img_1634_svga_2

Img_1641_svgajpg_2

Img_1643_svga_2

Img_1734_svga_2

Img_1695_svga_2

Img_1633_vga

Img_1697_svga_3

Img_1710_svga_2

展示の島としてはロボット系の中です。場所がかなり端の方(壁サークル?)だったため、ビッグサイトの屋上展示場に設置されたプールまで距離があったのが残念なところ。
興味を持ってくれたお客さんに、その場でデモを見せたかったなぁ。

※そもそも両日ともすごく暑くて、屋上展示場はメントスコーラや水ヘボコンなどのイベント時以外は閑散としてたし、、、こっちもそれに合わせてデモしに行ったりと姑息な(^^;

個人的には、賑やかしに持って行った過去に作った水中モーター工作物が受けていたのも嬉しかったり。

それにしても相変わらずMake:は面白い! MTM(Make:TokyoMeeting)時代に3回出展して、MFTになってからは初めてでしたが、タイミングが合えばまた参加したいものです。

追記:冒頭の写真は7月12日の追浜ミーティングですが、この時なぜか舵が効きにくくなっていました。
元々効きがよい方ではなかったのでそんなものかと思っていたのですが、翌週の水ものオフ後に調べたところ、プラネジで作った舵鞘が折れていて、左右に傾くだけで舵としては使えなくなっていることに気づきました。
急遽分解して交換、さらにプラのフレームで舵のガードを作って取り付けています。
メンテは先入観を持たずにしないとだめですね~。

折れた舵鞘(M5プラボルト)

Dscn9834_svga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2016年1月 »