« 月面Xと遊星號 | トップページ | スプリンガータグを作る<プロローグ> »

2013.05.28

フライングアポロ

Photo_3 Photo_4

月面Xの繋がりで、以前買った4Dパズルのアポロ宇宙船を引っ張り出しました。パーツを組み上げるとなかなかのプロポーション。スケールはおよそ100分の1。

試しに芯にあたるパーツを抜いてみると、単4電池のボックスが縦にほぼ入りそう。ノズルの付け根も穴を広げれば手持ちのミニモーターが押し込めるのでは、、、。

というわけで1日工作で作ってみました>フライングアポロ

天井から吊して電池を入れると、ノズル先のプロペラが回転してグルグルと飛行します。

さすがに無加工というわけにはいかなくて、あっちを削り、こっちに穴を開け、一部接着して完成にこぎ着けました。(瞬着が効かないことは誤算だったな~。固定はエポキシと両面テープなので、強く引っ張るとバラバラにw)

電動飛行機から流用したプロペラが黒いのが気になりますが、回転してれば分りません!
モーター軸は内径0.8ミリの真鍮パイプと1ミリステンレス線で延長してます。

ちなみに40年前にタミヤから70分の1サイズで同じギミックのプラモデルが出てたんだよね。そちらは月着陸船をドッキングしたままでも飛行したらしいです。
当時は小学生か~。自分では買わなかったけど、誰かの家で天井からぶら下がってるのは見たような、、、。

タミヤのキットの詳細は助手さんのサイトで!

|

« 月面Xと遊星號 | トップページ | スプリンガータグを作る<プロローグ> »

工作」カテゴリの記事

コメント

「フライング・・までタイトル読んで、脊椎反射的に「キンタロー。」嬢を思い浮かべたワタシ(ばき

 アポロの頃はドラマ「時間ですよ」での森光子の亭主役の船越英二が嬉々として模型屋さんから宇宙船の模型を買って帰り、「アポロだよ! アポロ!!!」ってセリフを言うシーンが有りましたねぇ。

 この頃の日本家屋の天井は木材部分が多かったから、プラモやモビール細工のぶら下がり率が高かったでしょうねぇ(^。+;

投稿: パズー親方(改々) | 2013.05.28 15:17

こういうのって、Gコンって言うんでしたっけ?Zコン?

投稿: 柴岡秀一 | 2013.05.28 20:46

>親方~
実のところきちんとグルグル回すには、かなり大きな円を描かせなくてはいけないので、狭い部屋だと遊べません(^^;(あとねじれ防止のヨリモドシも必要)

こうした飛びもので忘れちゃいけないのが、飛行機の背に滑車のついたアレ。なんて名前でしたっけ?
ワイヤーの両側を二人で持って、ワイヤー操作で空中を飛ばすの。

50円版のエンタープライズ号に滑車が付いていたのもその名残のはず~。

投稿: みずよん | 2013.05.28 22:46

>柴岡さん
ん~、たぶんイメージしてるのが棒の先に付けたヘリコプターをコントロールするおもちゃなのでは。
あれはバランサーフライトって呼んでます、、、が、やっぱり正式名称が分かりません(^^;
トミーから「フライングヘリコプター」って名前で出てたような、、、。

投稿: みずよん | 2013.05.28 22:56

>>ワイヤーの両側を二人で持って、ワイヤー操作で空中を飛ばす・・・

 ええっ?? そんな、二人がかりで飛ばすのが有ったんすか??
 一人遊びで飛ばせないなんて、なんて贅沢な・・・

つか、そんな、広場や空き地は私の中学の頃までには近所から無くなってしまいましたからねぇ・・・

投稿: | 2013.06.02 16:17

背中に滑車が付いてる飛行機玩具、、、検索しても「空飛ぶ飛行機」くらいしか名前が分らないなぁ。「ちびっ子広告図案貼」にもらしい姿はなし。
本体はビニール製で、テレビCMも流れていた覚えがあるのに。

唯一当時の思い出として「懸賞で背中に滑車のある空飛ぶジャイアントロボが当たった」との記述を見つけましたが、残念ながら写真はありませんでした。

投稿: みずよん | 2013.06.04 15:07

I really enjoy the blog.Much thanks again. Great.

投稿: tn requin pas cher | 2013.06.04 19:03

I cannot thank you enough for the blog article.Really looking forward to read more. Really Cool.

投稿: maillot de foot | 2013.06.26 13:34

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 就活の特技 | 2013.07.30 22:01

どもです
古いコメントをたどって見てたらなんか面白そうだったので。
背中に滑車って、もしかしてロープウェイのように張った糸を通して空中を走らせるのですか?
なんかそういうプラモデルを作ろうとして、接着剤をその滑車につけたらゴム製で、、、、涙で何も見えなくなった記憶がありますが。

投稿: やじさん | 2013.12.14 13:58

やじさん、ども(^^)

そーそー。ただし動力はなくて滑り下ろすのみね。
それでもうまくコントロールすると華麗に飛ぶように見えるのでした。
憶えている限り、農家のボンのところにあったような(^^;

欲しくても買えなかったので、部屋中に糸を張り巡らして「離陸~」「着陸~」なんて言いながら滑車を付けた飛行機プラモを飛ばしてたっけ。

投稿: みずよん | 2013.12.14 16:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71146/57476004

この記事へのトラックバック一覧です: フライングアポロ:

« 月面Xと遊星號 | トップページ | スプリンガータグを作る<プロローグ> »