« ギガテンバギーで水中を行く?(その3:実走編) | トップページ | 月を撮ってみたの巻 »

2012.09.08

おじゃんくな星見機材

星の手帖社の「組立天体望遠鏡35倍」を買ったのは2009年の今頃。かれこれ3年前になりますなぁ。
これが天文遊び復帰の最初でしたっけ。

その後、細々と機材を買い足して現在に至りますが、物欲も一段落したので(ほんと?)まとめをざっと書いておこうというのが今回の主旨です。改めて振り返るとホントなにやってんだか!

では時系列で…

2008年10月

Photo

テレコン・ビノを自作

「組立天体望遠鏡35倍」の1年前ですが、たまたま見つけたサイトの記事に刺激されてアウトレット品を購入して作りました。
ピント調節機能の無い倍率2倍のオペラグラス?

これ、まさに「肉眼をドーピング」する感じでして、見えない星まで見えてくるので楽しかったです。ただ作ってちょっと遊んだものの、天文趣味復帰までいかずしばらくお蔵入り。広いところでのんびり星見するには良いかも。

※後にハッブル宇宙望遠鏡や天宮1号を見るために引っ張り出してきました。

2009年8月
「組立天体望遠鏡35倍」購入。大昔のスリービーチ雲台や前世紀のデジカメを組み合わせて遊ぶ。
これは前に書いたとおり。

2010年4月
iOS版ToriSat購入。ISSを見るには欠かせません。

2011年7月
子供とPTA主催の「天文講習会」に行って作った望遠鏡「スピカ」

_1

評判通り非常に良く見えますが、「組立天体望遠鏡35倍」とほぼ同じ性能なのが惜しい(^^;

ただ微動できる架台がないといろいろ不便なので、思い切ってK型経緯台」を購入

_2_

お値段は望遠鏡(講習会費用)の15倍!貰い物の古い三脚に載せているので、架台が一番偉そうです。

その後、望遠鏡のジャンク市で正立プリズムとk20を各500円で入手

2011年08月

Photo_2

その正立プリズムを生かそうと、思いつきで手持ち部品を組み合わせて、40年前のレンズ(ダウエル製)&ジャンク部品で望遠鏡を製作。D50㎜ f800㎜

さすがにダウエル製だけあって遠くの街灯を見るとハレーション?ゴースト?でまともに見えず。 レンズは無コートかもなぁ。鏡筒内に植毛紙も張ったのに…。
さらに正立プリズムを付けると、おもちゃ望遠鏡から流用したドローチューブが歪んでまったく見えず、当初の目的を果たさないまま即引退。

2011年12月
LUMIXのミラーレス一眼GF2(ダブルレンズキット)が投げ売り状態になっていたので購入

FDレンズ用マウントアダプタも購入して、10年近く使っていなかった古の望遠レンズを使って月の撮影を試みる。さらにもっと望遠が欲しくなってケンコーテレプラス MC6(中古)も購入

Gf2

最大で300㎜×1.4(純正品)×2(ケンコー)で820㎜

2012_0105p100031210025

試しに写した木星。縞が見えます!

撮影用にレリーズアダプタも自作しました。

Gf2_2

サンニッパはその昔、飛行機や戦車を撮影するのに必要で購入したもの。消費税導入前で20万円?半分仕事とはいえよく買ったよなぁ。今じゃ考えられない(^^;

この頃、望遠レンズとWebカメラの組み合わせも試しましたが、

Dscn8815_vga Dscn8816_vga

月を撮ったものの今ひとつな感じだったのでその後の出番は無し。

望遠レンズ望遠鏡とK型経緯台の組み合わせが思った以上に良く見えるので、しばらくはこれで遊べるなぁ…と思った矢先!

2012年1月

Dscn8735svga

ハードオフでジャンク扱いの望遠鏡を見つけてしまいました!ビクセンの「ポラリス-60L」1977年製6センチ屈赤。20%オフセールでなんと2384円!
木製三脚で埃だらけだったのが原因でしょうか(^^;

Dscn8726vga Dscn8727vga

幸いレンズにカビや曇りがなかった(キャップの中にはシリカゲルや防かび剤が封入されてました)ので分解整備して使用中。
架台も汚れ以外は異常なし。写真では極軸を上に向けて経緯台としていますが、現在はまた赤道儀としています。

GF2用のボディキャップを加工して簡易直焦点アダプタとし、月を撮影してます。焦点距離900㎜でF15と素直な光学系で、像はシャープです。

2012年2月

Dscn8761_vga

引退してゴミ扱いになっていたジャンク再生望遠鏡を分解。高校時代に買った双眼鏡(の片方)の残骸と接眼部を組み合わせてミニ望遠鏡をでっち上げ。さすがに普通に見えますが、あまり使い道無し。

というわけで最近はポラリス+GF2で月・惑星
D5000でISSといった棲み分けになっています。

K型経緯台の出番がないので、載せるものを捜索中...。
といったところです。

え?物欲は治まったんじゃなかったっけw

H85

最後に中学時代に買って貰ったミザールのH-85の写真で締めておきます。
手放して久しいですが、今はどうしているのやら。

|

« ギガテンバギーで水中を行く?(その3:実走編) | トップページ | 月を撮ってみたの巻 »

光学遊び」カテゴリの記事

天文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71146/55601296

この記事へのトラックバック一覧です: おじゃんくな星見機材:

« ギガテンバギーで水中を行く?(その3:実走編) | トップページ | 月を撮ってみたの巻 »