« 塩ビでGO! | トップページ | ギガテンバギーで水中を行く?(その1) »

2012.07.24

塩ビでGO!(その2)

塩ビ艦進水しました! 追加したバラストでほぼ中性浮力を維持しています。

Photo

ついでに水中カメラ(iON Action)を艦首に搭載して水中撮影を試みました。 進水と同時なんでテストですよ。もちろん(^^;

さて走行性能でありますが。。。 バラスト位置を調整して艦の姿勢を水平にすると、特に水平舵もないので真っ直ぐ進むだけです。
パワーをかけると若干左に曲がる癖があるようで、トリム調整でも改善しなかったので舵を大型化することも検討しています。この癖は特にカメラを搭載したときに顕著でしたね。取り付け角度も要調整だなぁ。

バラストの位置を調整して前傾姿勢に設定すると、前進しながら潜航できます。
2.4GHz帯を使っているので深くは潜れませんが、水深30センチ程度、潜望鏡深度くらいなら問題なく走らせられました。
潜りすぎると勝手にモーターストップ。ゆっくり浮上して垂直尾翼が顔を出したあたりでまた動き出します。
潜舵を工夫(Go!Go!サブマリンのようなT尾翼?)すれば2chでも一定深度で航行することは出来そうですね。

撮影の方は、カメラ画像をモニタできないのでカンのみデス(^^;
それにしてはちゃんと撮れてると思いません?姿勢を水平にしてゆっくり動力をかけているときの映像が一番キレイに写ってるようです。
止まるとユラユラして目眩がしそう。何らかの安定装置が欲しくなりますね。

カメラをやや下向きにしての撮影もしてみましたが、これは目標を外すことが多い感じです。

動画は船が写っている部分のみ切り出して8分半。ダラダラとご覧下さい。音を拡大するとモーター音が聞こえます。

エンタープライズやプロメテウス、ヤマトは同じくカメラを搭載した姿も写ってます。 ちなみに自分のヤマトはほとんど写ってません。
塩ビ艦と同時に2隻動かすのは無理でした。漂流させるとどんどん向きが変わるので、カメラを追いかけるのも大変(^^;

それにしてもYDDさんに勧められて買ったiON Action安くて良いですよ。画像もHDでキレイだし、周波数も50/60Hzが選べるのでフリッカー対策もバッチリ。いろいろ使えそうです。

|

« 塩ビでGO! | トップページ | ギガテンバギーで水中を行く?(その1) »

塩ビ艦」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71146/55269494

この記事へのトラックバック一覧です: 塩ビでGO!(その2):

« 塩ビでGO! | トップページ | ギガテンバギーで水中を行く?(その1) »