« ラジコン潜水艦ヤマト その2 | トップページ | 金星の日面通過 »

2012.06.10

ラジコン潜水艦ヤマト その3

船体の加工

Dscn8755_vga Dscn8536_vga

基本的に外観は手を入れていません。細部の補強と開口がメイン。
スナップキットのため、内部には各部の接続用パーツがあるのでこれは全部削除。船体が形になるように接着してから、アクリルパイプなどのメカ類が収まるようにリブを削りました。

Dscn8609_vga Dscn8658_vga

上下分割で、艦尾で引っかけ艦首部分でネジ1本で固定できるように加工しています。

Dscn8752vga Dscn8754_vga

空気抜きの穴は波動砲口や補助エンジンはもちろん、第1艦橋、煙突にも開けています。さらに吸水用に第3艦橋付け根部分の膨らみの内側を切り抜きました(第3艦橋自体は樹脂で埋めて浮力が付かないようにしています)。艦橋は窓が素通し。艦長室も屋根に大穴です(^^;

※ちなみに船体加工はこれだけで、LEDなどを使った電飾はしていません。当初は砲塔の回転などの夢も語りましたが、そちらもオミット!ここをすっぱり諦めなかったら、未だに完成していなかったでしょう。。。光って回れば人に見せたときの訴求効果は大きいですけどね~。根性が続きませんわ。

最後に船体内側の隙間に浮力材を詰め込み、傷隠しに軽く塗装して後は進水を待つばかり。持ち運び用に格納箱も作りました。

Dscn8758_vga

<おまけ>
Dscn8757_vga

艦橋のないヤマト。これはこれでカッコイイかもね(^o^)

・・・進水編に続く

|

« ラジコン潜水艦ヤマト その2 | トップページ | 金星の日面通過 »

1/500ヤマト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71146/54858187

この記事へのトラックバック一覧です: ラジコン潜水艦ヤマト その3:

« ラジコン潜水艦ヤマト その2 | トップページ | 金星の日面通過 »