« Make: Tokyo Meeting 07 に参加予定!? | トップページ | 【MTM07】机の配置決定 »

2011.11.04

ウルトラハンド(横井軍平氏に敬礼!)

ネタが溜まってきたので重い腰を上げて更新。

【近況】
※ギガテンボートはその後ブールで動画撮影したものの未編集。最近は中のメカを使ってプラモでRC船を作る方も出てきたようですね(^^)v
※1/500ヤマトのラジコン化もボチボチ進行中。先日は波動エンジン単独での走行テストを行いました。YDDさんほどギミックは入れられないので、走るのみになりそうです。
※ISSの撮影も続けていますよ~。
※そうそう、往年のおもちゃ「水流ジェットエンジン」を入手したり、コンパクトデジカメで8ミリフィルムのテレシネを試みた話もそのうちに…。

さて、今回のネタは「ウルトラハンド」です。

_3

再現工作です…材料はアガチスの角材とプラ板とネジなど金物少々。

オリジナルは任天堂が花札屋からゲームメーカーに脱皮するきっかけとなった大ヒット商品でプラスチック製。1966年発売、定価600円。
詳しくは以下のサイトをご覧下さいね。

宙太郎さんの「遊想雑貨・巻の17
一番詳しい(と思う)。
宙太郎さんには個人的に資料を送っていただいたりと、お世話になっています。

任天堂サイト「Wiiでウルトラハンド
下の方に現物の説明があります。

ウィキペディア「ウルトラハンド

ラーメン一杯60円の時代ですからね~。当時小学校1年の私は買ってもらえませんでした。テレビCM以外の記憶としては、友人の家でちょっと触った程度です。

では、どんな動作をするのか実際に見てみましょう。

●グリップを両手で持ち
_6

●縮めるとアームが伸びます
_7

●先端の吸盤で物を掴むと
_b

●掴んだまま手元に戻すことが可能です
_c

●ロックされたアームは、ひもを引っ張ることで解除されます
_d

Wiiのゲームではメカニカルなロック機構が再現されていないのが残念ですね~。
伸び縮みするパンタグラフ構造は容易に想像できるでしょうが、そのままでは遠くのもをを掴むことは出来ても、戻すとすぐに離してしまいます。

どうして掴んだだまま戻ってこられるのか?実はそこが長年疑問でして(現物に触った記憶はあっても、メカの理解なんて無理)、10年前に宙太郎さんが先の記事をアップされたとき、細部の写真を送っていただけないかとお願いしたのもその疑問のためでした。

ただまぁ、、、写真から解析するのもけっこう大変。
その時は最終段のアームの片方が折れ曲がること、ラチェットのロック機構があることだけを読み取り、テキトーな再現工作をして満足していました。

その時の工作はこんな感じ。「ウノレトラハンド」と呼んでましたw
Photo

オリジナルではノコギリの刃のような形をした歯を持つギヤを使っていますが、「ウノレトラハンド」では普通の工作用平ギヤで同じようにロックされるよう工夫しています。もっとも塩ビ板の弾力でロックされるだけなので、解除は「板をめくる」だけというテキトーさ。

ひもを引っ張ることでロックが外れる構造は長いこと宿題になっていましたが、今回MTM07参加を決めてから急に思い立って新規に作り始め、試行錯誤の結果なんとか同様の動作をさせることができました。ヒモの固定位置がポイントでしたな。ラチェットのギヤはラジコン用の直径5センチほどの平ギヤを加工。

ちなみにこちらが宙太郎さん所有のオリジナル「ウルトラハンド」。
Photo_2

ようするにレプリカではありません(^^;
お間違いなきよう。

材料費合計は1500円ほど。
なお単価的に一番高かったのはラジコンのギヤ(300円)。半分しか使ってないけど…
材料ではありませんが、新たに買ったノコギリが意外な出費だったりして。

いや~、当たり前ですがオリジナルは良くできてますわ。考案された横井軍平氏には最敬礼です。

※ついでに駄玩具の偽トラハンドにもロック機構を追加工作してみました。

_4

MTM07の展示は「ビースト工作」がメインなんですが、こちらもオマケとして持って行きますので、ひとつよろしく。

|

« Make: Tokyo Meeting 07 に参加予定!? | トップページ | 【MTM07】机の配置決定 »

Make:」カテゴリの記事

工作」カテゴリの記事

コメント

ウルトラハンドとウルトラスコープは
まあ、子供心を派手に煽ってくれましたね。

投稿: やじさん | 2011.11.05 14:50

やじさんども(^^)
ウルトラスコープも友達のを見せてもらっただけだなぁ。
モーターで伸びる機構には興味あるけど、これは作る予定無し。なんでも伸びきったときに自動的に止まる安全装置は無かったとか。

そういえばやじさん、今度のMTMは??

投稿: みずよん | 2011.11.05 15:46

どもです
MTMはエントリー済みです。
3回目ともなるとあつかましくなって
とりあえずエントリーじゃ!
という極道エントリーをしてしまいました。
さて、どうなることやら、、、、、

投稿: やじさん | 2011.11.19 19:54

極道エントリーの罰が当たったみたいです(><)
、、、、体育館からまた離れてしまいました。
そんなに引っ張った覚えも無いのですが、やはり今回の応募はかなり殺到したみたいですね。
では、現地で、、、

投稿: やじさん | 2011.11.23 01:00

机の配置図でやじさんの名前を探してしまいましたよ…(^^;

確かに締め切り直前に応募が殺到した気配ですね。
私はエントリ開始直後に応募したので余裕があったのかもしれませぬ。

当日は臨機応変に動きましょ。

投稿: みずよん | 2011.11.23 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71146/53159654

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラハンド(横井軍平氏に敬礼!):

« Make: Tokyo Meeting 07 に参加予定!? | トップページ | 【MTM07】机の配置決定 »