« ジュニアの電動化再び(その2) | トップページ | 神林さんの本!「ゼロからの出発」 »

2007.08.27

ジュニアの電動化再び(その3)

炎天下、全く見えない液晶モニターを通してかろうじて撮影してきた、フネカンプールにおける電動ジュニアの動画を公開します。

動きとしては予想通り浮上時に横倒しになり、全没状態で正しい姿勢になって走っています。
RE-140に3ボルトのパワーでスピードはかなり速いです。ジュニアらしくて良いかな(^^)
特に何もしていないのですが、自動浮沈しています。
動画をよく見ると、周回中にP-1ゼロ号と接触して潜望鏡が取れているのが分かりますが、これは無事に回収しております。

ラストカットのオレンジの2号艇は、hiroさんが製作したフルスクラッチのラジコン版でした。手との比較で分かると思いますが、タスクのジュニアの2倍弱の大きさです。

今回の反省)
J_013

10年前に買った浮きゴムをゴムジョイントとして使っていたのだが、さすがに劣化していて遊んでいるうちにすっぽ抜けるようになってしまった。急遽瞬着で固定したが、障害物にぶつかった時点で接着が剥がれてアウト。
浮きゴムは30センチもあれば一生ものかと思っていたが、また買わねば(^^;
今度はシリコンチューブかな~。

今回の意外な事件)
J_012

しばらく遊んでいたら湿気がコクピット内に進入し、キャノピー内側に大きな水滴が出来ていたのだが…、帰ってきたら瞬着蒸気で出来た曇りがあらかた消えて、透明キャノピーが復活していたのは嬉しい誤算。うしし。

|

« ジュニアの電動化再び(その2) | トップページ | 神林さんの本!「ゼロからの出発」 »

サブマリン707ジュニア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュニアの電動化再び(その3):

« ジュニアの電動化再び(その2) | トップページ | 神林さんの本!「ゼロからの出発」 »