« MJ(その6:メカの配置) | トップページ | ゼンマイプチオフ »

2007.06.04

神林さんのこと

赤い工作用プロペラを使った「俺山田」を企画したり、自動浮沈潜水艦や「ビックリ分解自動車」で遊んでいる私にとって、とても貴重な記事が現在発売中の「モデルカーズ134」(7月号)に掲載されました。
そういえば「Go!Go!サブマリン」にちょっぴりトラウマもあったなぁ。

記事のタイトルは「昭和のプラモ群像 伝説の模型デザイナー・神林久雄」です。
そう、本家の掲示板にたまに遊びに来ていただいている神林さんのお父さんなのです。

掲示板にも残っていますがいろいろなやりとりがあり、私も年始めには山田のランドクルーザーを持ってお宅までお邪魔してまいりましたが、前後して訪問していたモデルカーズの平野さんが記事にされたのですね。

内容は今まで神林さんがあちこちの掲示板に書いていたものを集大成した感じですが、さらに情報が加筆されています。美麗な箱絵や完成写真が掲載されているのも嬉しいですね。
こうした出版物に神林さんがここまで詳しく紹介されたのは、ひょっとしたら初めてではないでしょうか(「日本プラモデル興亡史」に少し登場します)。ぜひ一度目を通していただけることを期待しています。

|

« MJ(その6:メカの配置) | トップページ | ゼンマイプチオフ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神林さんのこと:

« MJ(その6:メカの配置) | トップページ | ゼンマイプチオフ »