« 閑話休題 | トップページ | 「月のひつじ」再び »

2005.10.31

林立

urasi_09


時間を見てちまちま作っているパーツ類。
そそり立っている白と黄色の縞模様の板は、艦尾に装着する縦舵と横舵。
一つだけ大きいのが上の縦舵になります。
最初はモデルの船(シーウルフに非ず)のように固定翼と動翼を分けようかと思ったんですが、工作の容易さとメンテ(移動の際取り外せる)の関係でオールフライング式に。
材料はプラバンの積層。削ってからポリパテ盛って削って、光硬化パテを盛ってさらに削ったところ。

手前の金属の固まりは、これらの舵を固定する軸受け兼ラダーホーン。
タミヤのクランクアームと真鍮パイプを半田付けして製作。
スクリュー軸をよけるためにコの字型に組み合わさっています。

「あとはいかにして船体に搭載するかのみです」
これから考えま~す(爆)

|

« 閑話休題 | トップページ | 「月のひつじ」再び »

おとひめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 林立:

« 閑話休題 | トップページ | 「月のひつじ」再び »