« もう後戻りはできない | トップページ | 休刊 »

2005.06.04

タイトルに惑わされてはいけない

月のひつじ コレクターズ・エディション
B00008OJPO
サム・ニール ロブ・シッチ ケヴィン・ハリントン トム・ロング


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

えーっと、以前の日記からずいぶん経ってしまった。なに?3ヶ月弱だって?
その間オテーガル2は完成して追浜で走り回ったし、鉄人も静岡で蠢いていたりする…(^^;
ここしか見てない人はいないと思うけど、詳しくは画像掲示板でひとつよろしく。

で、今回は模型とは関係なく映画の話。
先日BSでやってたのでなんとなく録画した「月のひつじ」
オーストラリアのパークス電波天文台を舞台に、アポロ11号からの月面生中継を成功させるまでの所員の奮闘をハラハラあり、笑いありで描く小品・・・ということでなんとなく見始めたんですが、これがあーた、パークス天文台の60メートルパラボラアンテナの美しいこと!主演は”ジュラシックパーク”サム・ニールじゃなくてアンテナっすよ!!

私も20年ばかし前に国内のあちこちのパラボラアンテナを訪ね歩いたことがあるんだけど、パークス天文台はまた格別。だだっ広い牧草地にぽつんと立ってる風景はたまりませんぞ(日本だと臼田の宇宙空間通信所のアンテナが同クラス。でもこっちは山の中)。宇宙好きはもちろん、その昔、東宝特撮映画のマーカライトファープやメーサー車に興奮したパラボラフリークは是非押さえておかなければいけない映画でしょう!

それにしても1969年7月、月へ行ったのはアメリカ人じゃなくて「人類」だったんだよなぁ。
当時の小学生はみんな熱狂してたよなぁ。オーストラリアの小学生も同じだったんだなぁ。
日本で作ると・・・・プロジェクトXみたいに湿っぽくになっちゃうかな(^^;

ちなみに原題の直訳は「お皿」です。巨大なパラボラアンテナのことなのね。
それがどうして「月のひつじ」になったのかは全くの不明。なんでこんな哲学的な邦題にしちゃったんだろ?
営業的にはマイナスなような気がするぞ。

「月のウサギ」なら「セーラームーン」だけど(*_*)★\ばき

|

« もう後戻りはできない | トップページ | 休刊 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

途中から見たんでイギリスかオーストラリアかよくわからんかったんだけど...そか、オーストラリアだったのか。
はい。確かに名作でした。
もっかいきちんと観てみたい映画ですね。
もう後数年経ったら。(^^;

投稿: こみや | 2005.06.06 23:39

さすがこみやさんだ!
ちゃんと見てたんですねー(途中からだけど…)
所員の恋人役の女の子もかわいくて良かったっす(^o^)
現場にはホントはもっと大勢いたはずだけど、映画だし、あれはあれで桶!

投稿: みずよn | 2005.06.07 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71146/4407727

この記事へのトラックバック一覧です: タイトルに惑わされてはいけない:

« もう後戻りはできない | トップページ | 休刊 »